Home > 一般 > 今夜はいよいよ・・・

今夜はいよいよ・・・

12月 24th, 2014
Notice: Undefined variable: comments in /home/v-angel-r/www/angel-r.com/blog/wp-content/themes/sunshine/single.php on line 17

こんにちは。 中里事業所の鈴木(達)です
今夜はいよいよクリスマスイブですね
子どもたちもクリスマスケーキやサンタさんからのプレゼントを楽しみにしています
今年、我が家では12月7日ごろから、子供たちと一緒にクリスマスツリーを飾りつけしました
IMG_0890
ちょっとこじんまりしていますね。。

 

ここでクリスマスにまつわるトリビアをいくつかご紹介させていただきます
 

『クリスマスイブの【イブ】の意味は?』

クリスマス・イブのイブは「前夜祭」や「前日」のことではありません。クリスマスの前夜、すなわち12月24日の夜を指す英語の音訳です。「イヴ(eve)」は「evening(夜、晩)」と同義の古語「even」の語末音が消失したものです。【ウィキペディアより】なお、ユダヤ暦では日没が日付の変り目として扱われるため、12/24の日没後は、日付はすでに12/25。つまり「クリスマス・イヴ」は12/25クリスマスの始まりの時間帯というわけです。

 

『クリスマスはイエス・キリストの誕生日?』

いつ誰に教わったかは定かでなくとも、何となく「クリスマスはイエス・キリストの誕生日」と思っている人が多いようすが、そんな事実はどこにもなく、キリスト教においてもクリスマスは「降誕を記念する祭日」と位置づけられており、「救世主イエス・キリストの誕生日」と考えられているわけでは無いそうです。。イエス・キリストが降誕した日がいつにあたるのかについては、古代からキリスト教内でも様々な説があったようです。【ウィキペディアより】

 

『サンタクロースは何者?』

サンタクロース伝説の起源は4世紀頃の東ローマ帝国にまで遡り、教父聖ニコラオス(ニコラウス)に由来すると言われています。この「聖(セント)ニコラオス」は、オランダ語で「シンタクラース」。その後、17世紀アメリカに植民したオランダ人が「サンタクロース」と伝え、現在のサンタクロースの語源になったというのが有力説のようです。日本では「サンタさん」の愛称で子どもたちに大人気のサンタクロース。良い子にプレゼントを配って回る善良なイメージで、悪い子についての扱いあまり聞ききません。ただ国によっては、悪い子に対する扱いもしっかりと伝えられており、ドイツでは「お仕置き」、イタリアでは「炭」、ハイチでは「袋に入れてさらわれる」など、悪い子にとってはシャレにならない言い伝えもあるようです。

 

『クリスマスツリーを飾るのは何故?』

クリスマスツリーもキリスト教に由来しており、アダムとイブが誕生したエデンの園に生える「命の尊さを象徴する木」を模したもの。オーナメントはエデンの園の林檎の果実や、降り積もった雪が夜空に輝く様子を表しています。 ちなみにクリスマスツリーにも正しい飾り方があるのをご存知でしたか?カウントダウンがはじまる12月1日に家族全員でツリーを飾り付け、一番上に輝く星のオーナメントは一家の主が取り付けるというのが正式です。また日本ではクリスマス終了とともにすぐツリーは片付けてしまいますが、北欧では1月下旬まで飾り、クリスマスの余韻を新年まで持ち越します。我が家は12/7に飾りつけでしたけど。。

 

以上、クリスマスにまつわるトリビアでした。みなさんも素敵な夜をお過ごしください
- おまけ -

エンゼルグランディア越後中里にあるシカのはく製も毎年季節に応じ、飾りつけされており、今年も赤鼻のトナカイ風になっていました(笑)

昔は『マイケル』と呼ばれ、22年間文句も言わず、らせん階段の下で、来館するお客様を見守っています
IMG_9888 IMG_9891
 

 

 

 

 

 

 

一般

Comments are closed.