Home > 一般 > ファイト! 一発!の上原美術館

ファイト! 一発!の上原美術館

6月 5th, 2015
Notice: Undefined variable: comments in /home/v-angel-r/www/angel-r.com/blog/wp-content/themes/sunshine/single.php on line 17

伊豆支店の小山です。

先日、この新聞掲載に惹かれて行きました。場所は、下田市の上原仏教美術館。

伊豆新聞

大正製薬株式会社(ファイト!一発!リポビタンDで有名なあの会社です)名誉会長 故上原正吉、小枝夫妻(奥様が下田市のこの地域の出身です)の寄付により開館。

今回の展示企画は、私の地元「南伊豆町」の複数の寺院の仏像がたくさん展示されている様子です。

仏教美術館入館料300円

玄関を入るといきなり左右に大きな仁王像。

口を開いた「阿形像」、口を結んだ「吽形像」の2体が仏敵が侵入するのを阻んでいます。(残念!大きすぎて写真に入らない)

早速、特別企画展示の奥の別室に歩みを進めると、なんとなんと『撮影禁止』。仕方ないので、パンフをパチリ。

20150604_093247

20150604_093231

大小50~60体ほどが展示されています。

「およそ、1000年も昔に彫られた」との学芸員の方の説明を聞きながら、身を乗り出し、息を止めて顔を近づけて鑑賞。ことばになりませんでした。

同じ敷地内に、下田達磨大師があり、「向陽寺本堂」と「大師堂」があります。

日照山向陽寺は4百有余年前に開かれた曹洞宗の古刹。その本堂に向かって左手山側斜面には寄贈された石仏がたくさん並んでいます。その石仏の台座には寄贈者の氏名が刻まれています。、ごく一部ですが記載します。自民党総裁「竹下登」、内閣総理大臣「福田赳夫」、伊勢丹社長「小菅国安」、内閣総理大臣「中曽根康弘」、三洋電機社長「井植敏」、NEC会長「小林宏治」などなど、

大正製薬の創始者一族と政界・財界・仏教界との深いかかわりが想像できて、これだけでも面白いです。寄付金の額などもビックリ。

自民党総裁 竹下登 総理大臣 福田赳夫 伊勢丹社長 小菅国安

内閣総理大臣 中曽根康弘 三洋電機 社長 入植 敏 nEC会長小林宏治20150531_132458

 

大師堂は、商売繁盛・家内安全・学業成就・厄払い開運・金運招福などの願いをかなえる「幸運の達磨大師」として信仰されています。

達磨大師堂

ここで、大師尊像に手を合わせ『家内安全』と『認知症除け(笑)』をお願いした小山です。

 

この大師堂の真正面にあるのが、松下電器(の現役を退き)相談役「松下幸之助」が寄贈と刻まれている石仏、これです。2メートル以上の高さです。

松下電器相談役 松下幸之助 寄贈

人が少なくて、静かです。間もなく梅雨入り、梅雨が明けると蝉の鳴き声が響きわたるであろう、そんな環境にある境内でした。

一般

Comments are closed.