リゾートマンション管理会社をお探しの方へ_イメージ画像1

マンション管理会社
変更に関する
お問い合わせフォームはこちら

お電話でのお問い合わせはこちら

信越エリア
(新潟・群馬・長野)の
リゾートマンション管理組合様

025-788-0531

関東・東海エリア
(静岡・千葉・神奈川・山梨)の
リゾートマンション管理組合様

0557-52-4811

リゾートマンションに特化したノウハウを持つ当社にお任せ下さい

エンゼルはリゾート地で
高品質なサービスを提供する
というコンセプトのもと、
リゾートマンションを専門に管理する
会社として誕生しました。
素晴らしいステータスを誇る
リゾートマンションにおいて、
ハードに負けない
ホテルライクなサービスを提供し、
オーナー皆様に
安心・快適にリゾート生活を
ご満喫いただくことを第一に考え、
大切な財産であるマンションの
資産価値向上の為、
適正・適切な管理ができますよう
誠心誠意取り組んでおります。
お気軽に当社までお問い合わせください。

当社リゾートマンション管理の「強み」
株式会社エンゼルのリゾートエリア特化型管理

1.リゾートエリア特化型管理

株式会社エンゼルのグループ力を生かした管理体制

2.グループ力を生かした管理体制

株式会社エンゼルの滞納金督促のノウハウ

3.滞納金督促のノウハウ

1.リゾートエリア特化型管理

当社は1987年に一般の住宅用
ファミリーマンションとは異なる
高品質なサービスを提供する
というコンセプトのもと、
リゾートマンションを専門に管理する
会社として誕生しました。
以来、新潟県の信越エリア、
東海エリアを中心に
リゾートに特化した管理実績を
認めて頂き、同2エリアを中心とした
首都圏近郊リゾートマンションより
多くの管理受託を頂いております。

株式会社エンゼルのリゾートエリア特化型管理_グラフ1
株式会社エンゼルのリゾートエリア特化型管理_グラフ2
株式会社エンゼルのリゾートエリア特化型管理_グラフ3
エリア区分 湯沢・水上・石打 軽井沢・草津・志賀高原 湯河原・熱海・伊東・東伊豆 山中湖 房総 湘南・箱根
管理棟数/戸数 17棟/4,817戸 3棟/173戸 29棟/3,137戸 9棟/931戸 2棟/265戸 3棟/120戸

【信越エリアでのシェア率】


マンション管理新聞発表の地域別総合管理受託ランキングで当社が第4位となっております。

株式会社エンゼルのリゾートエリア特化型管理_信州エリアシェア率
2.グループ力を生かした管理体制

当社では同一拠点に、
リゾート物件仲介、建設リフォーム、
リゾートホテル運営を
グループ会社にて行っております。
オーナー様の求めるサービスを
高品質低コストで提供できる
体制を整えております。

株式会社エンゼルのグループ力を生かした管理体制_説明画像1
3.滞納金督促のノウハウ

リゾートマンションにおける
管理費滞納問題は、
管理組合様にとって
最も深刻な問題です。
通常行われる督促業務への
迅速な対応はもとより、
専門的なノウハウ・
独自のスキームにより、
理事会様の手を煩わせることなく
長期滞納問題の解決を図ります。
また、管理組合様が競落された滞納物件の
早期売却をグループ会社が
全面的にバックアップします。

通常の督促業務
株式会社エンゼルの滞納金督促のノウハウ_説明画像1
解決しない場合は更に
株式会社エンゼルの滞納金督促のノウハウ_説明画像2
独自手法による滞納金問題解決の実例

解決事例1

区分所有者が死亡
お部屋の所有権移転登記が行われず放置された事例

①所有者死亡後被相続者がなく移転登記がなされず、本人死亡も確認できなかった。
②内容証明郵便発送後、相手方不在にて返還され、住民票等取得調査の結果、本人死亡を確認。
③本人戸籍取得、相続関係調査開始。
両親・離婚した妻・子(娘)の戸籍を取得。
④相続関係図を作成。元妻は相続放棄、再婚後子(娘)は養子縁組(相続放棄)。
両親は死亡しており、実姉も相続放棄。本人と元妻の間に子(息子)の存在が判明。
⑤子(息子)の住所地調査。
⑥法定相続の説明、特定承継人としての義務及び任意売却について交渉。
⑦任意売却交渉中に子(息子)が相続放棄。
⑧〇〇家庭裁判所から相続放棄の申述有無確認書取得。
⑨××家庭裁判所に事件移送。上記相続財産管理人選任申立事件。
⑩相続財産管理人選任。
⑪相続財産管理人と任意売却交渉開始。
⑫査定書・評価書取得。
⑬裁判所の売却許可決定をもって、相続財産管理人と売買契約締結。
⑭新所有者が滞納管理費を全額支払い、解決しました。

解決事例2

区分所有者が破産申立てを行った事例
(抵当権設定あり)

①支払督促申立事件が進行中に相手方(法人)が破産申し立て。
②裁判所より破産手続き開始通知書受領。
③抵当権者(銀行サービサー)担当者と交渉開始。(任意売却による抵当権抹消)
④破産管財人と交渉開始。(任意売却による破産財団組入額等の交渉)
⑤両者が交渉に前向きな姿勢であった為、
任意売却価格設定・管理費充当金額・抵当権抹消費用・破産財団組入額、登記関係費用等を算定。
他競売案件における評価額調査と嘆願書を作成の上、抵当権者へ提出。
⑥上記嘆願書により決済がおり、破産管財人と交渉。地方裁判所の売却許可決定待ち。
⑦裁判所売却許可決定により、破産管財人と売買契約締結。
⑧新所有者が延滞管理費を全額支払い、解決しました。
本案件では、破産管財人が解決に向け協力的だったことや
弊社が作成した資料が弁護士・裁判所・抵当権者(銀行)に評価されたことが
解決のスピードを早める結果となりました。

解決事例3

ご夫婦でお部屋を共有、ご主人が死亡し、
妻が認知症である事例(抵当権設定あり)

①管理費滞納発生により督促及び物件調査(抵当権膨大にて無剰余確実)
②ご主人が死亡(妻・子(娘)は相続放棄)
③法定相続人の調査(兄弟姉妹が多く膨大な量の戸籍を取得)
④〇〇家庭裁判所に相続財産管理人選任の申立。
⑤相続財産管理人選任後、両者を当事者として先取特権による不動産強制競売申立。
⑥強制競売無剰余取消。
⑦管理組合総会において両者に対し、弁明の機会付与後、区分所有法第 59 条競売申立を決議。
⑧〇〇地方裁判所に両者を被告として、区分所有権競売請求訴訟の申立を行う。
⑨妻が認知症との答弁書が子(娘)より提出されたことから、特別代理人選任を〇〇地方裁判所に申立。
⑩〇〇地方裁判所結審、勝訴判決・債務名義取得。
⑪上記債務名義をもって不動産強制競売申立。
⑫競売期間入札で第 3 者が落札(当社も入札)売却許可決定。
⑬売却許可確定後、落札者に滞納管理費の支払義務発生を通知。代金納付なされず、再競売実施。
⑭早期解決の為、管理組合の要請により弊社入札取得。
延滞管理費全額を支払った後、第 3 者へ物件売却し、解決しました。

マンション管理会社
変更に関する
お問い合わせフォームはこちら

お電話でのお問い合わせはこちら

信越エリア
(新潟・群馬・長野)の
リゾートマンション管理組合様

025-788-0531

関東・東海エリア
(静岡・千葉・神奈川・山梨)の
リゾートマンション管理組合様

0557-52-4811